イベント/集まりの開催動向

2020年1月からのオンライン及びオフライン(各地方)のイベント/集まり開催数のグラフを下記に表します。

各地方の開催数(縦軸)と開催月(横軸)

※本開催数は発達障害2.0基準と調査による集計であり、実際の開催数を網羅していません。

※2019年以前は集計していません。

2020年-2021年

2020年は4~5月の緊急事態宣言と同時に、オフラインの開催が激減してオンラインの開催が一気に定着しました。

その後、2021年12月に向かってオフライン総数は減ってオンライン総数は増える傾向が続いています。長引くコロナ禍によって開催する場を切り替える団体が増えてきました。(2020/02/19)


オンライン/オフライン

しかしながら、オンラインは得手不得手や好みが分かれることからオフラインの需要もあり、コロナ禍である限り両方の開催方法に需要があることは大きく変わらないと思われます。(2020/02/19)



SNSで共有する